シルクニット、脇の黄変

シルクニットの脇の黄変のシミ抜きです。

シルクニット脇の変色1 シルクニット脇の変色2

長野県上田市からの依頼品です。

お客様の地域で、シミ抜きをしてくれるところが探せなく、ネットで当店を探して頂きました。

夏の間、直接肌にふれる事が多いため、汗による黄ばみが出てしまいます。

この状態で、来年までそのままにしておくと、もっとシミ抜きがしにくくなります。

例えば、りんごを切った直後の状態では白いですが、酸素に触れることで黄色くなりますよね?

汗も、無色ですが、このように酸素に触れることで、このような黄色に変色してしまいます。

また、シルク製品なので、強い漂白をやってしまうと、生地が脆化する可能性があり、慎重に復元加工を行いました。

両脇で4,000円です。

The following two tabs change content below.

㈱ファッションケアー明和 小池 正樹

衣類のシミやトラブルを解決しながら、可能な限り元の状態に復元することを信条とし、自身のクリーニングの知識や体験を踏まえ、お客様のみならず同業他社からも依頼がある。 全国で80人ほどしかいない京技術修染会の修復師の資格を持ち、また全国で10人ほどしかいない京技術修染会の認定講師試験に合格し長野県では初の資格取得者。

最新記事 by ㈱ファッションケアー明和 小池 正樹 (全て見る)

2013-11-20 | Posted in 洋服についたシミ, 脇の黄変Comments Closed 

関連記事