ジャンバースカートについた食べこぼし、口紅のシミ

20140403_171413

 

今回はウールのジャンバースカートについた二つのシミです。

 

上の青○の中は食べこぼしのシミ。下の赤○の中は口紅のシミです。

 

一概にシミと言いますが、シミには性質があり、水に溶けるもの、油に溶けるもの、両方に溶けない粒子など、性質は様々です。

 

また、生地にも性質があり、綿や麻などの植物由来のもの、ウールや絹などの動物由来のもの、石油などから作られる化学繊維とこちらも様々な種類があります。

 

さて…ここでシミがついてしまったとして、二つのシミに対してむやみに同じような処理をするのは禁物です。どちらかが落ちにくくなったり、薄い生地ですので無理をすると生地を傷めてしまうこともあります。

 

シミの種類、生地の特性、染色の度合いなどにあった最適な方法を選んでいくことが重要なのです。シミで困ったらまずは最寄りの信州長染会のお店へご相談ください。(今回の処理 一ヶ所500円)

 

20140403_171726

 

The following two tabs change content below.
小池ドライクリーニング 小池 文人
一点一点心を込めて仕上げます。復元加工、復元仕上げ、アクアクリーニング、お直し、衣類のトータルケアのお手伝い。愛称は「茅野のクリーニング屋フミットくん」
2014-04-09 | Posted in 洋服についたシミ, リップグロスのシミ, 食べこぼしComments Closed 

関連記事