襦袢の衿の変色

今回は襦袢の衿の変色です。
衣類には肌に触れる部分と触れない部分がありますが、汗などによる変色が起きやすいのは、当然肌が触れる部分です。
クリーニングで汚れを綺麗に洗い流しておけば問題ないのですが、一度着ただけだから・・・となりやすいのが着物です。

しかし、そのままにしておくと汚れが変色となって、洗っても取れなくなってしまいます。

2014042301

こんな感じですね。

こうなってしまったら、クリーニングではなく復元加工を施します。

2014042302

変色が綺麗に無くなりました。
でも、本当のことを言えば、こうなる前にクリーニングと染み抜きで変色を抑えてしまうのが一番です。
どうしても取れない変色に変わってしまった時は、諦めずに近くの信州長染会のメンバーのお店へご相談くださいね。

復元加工代 1,500円(税別)

The following two tabs change content below.
(有)クリーニング黒岩 近藤 義之

(有)クリーニング黒岩 近藤 義之

長野県須坂市のクリーニング店5代目として、日々様々な衣類のシミと向き合っております。 ちがいのわかるクリーニングを目指し、どの様な衣類のシミも、すべて同様に全力を尽くさせて頂きます。 洋服、和服、お気軽にご相談ください。
(有)クリーニング黒岩 近藤 義之

最新記事 by (有)クリーニング黒岩 近藤 義之 (全て見る)

2014-04-23 | Posted in 時間の立った古いシミ, 変色の復元加工, 襟の黄変Comments Closed 

関連記事