ダーバン/D’urbanのネクタイにインクのシミ

ネクタイ1

ダーバン/D’urbanのネクタイにインクのシミです。

 

写真のとおりネクタイの裏にインクのシミがついてしまいました。 

 

どうして裏のこの場所なのか? 

 

そうです!ポケットに入れておいたボールペンのインクが漏れてしまい。気づかないうちにネクタイに染み込んでしまいました。 

 

ネクタイは、絹が使われることが多く、また厚手の芯が入っているので、シミ抜きが難しいアイテムの一つ。このぐらいの色の濃さですと相当量のインクが染み込んでおります。今回は生地の柄を傷つけることなく、インクを少しずつ溶かしながら、ネクタイの芯にまで染み込んだインクを取りのぞいています。 

 

ネクタイは構造、素材の関係で、できる限りシミをつけないことが望ましいです。クリーニング時に、撥水もしくは防汚加工など、シミのつきにくい加工をお奨めします。(復元加工料1000円+防汚加工)

 

ネクタイ2

The following two tabs change content below.
小池ドライクリーニング 小池 文人
一点一点心を込めて仕上げます。復元加工、復元仕上げ、アクアクリーニング、お直し、衣類のトータルケアのお手伝い。愛称は「茅野のクリーニング屋フミットくん」

関連記事