レディースジャケット・黄変加工と全体漂白

お盆真っ只中、夏休みをいただいてますが、このHPは更新します。

 

Processed with Moldiv

綿100のミントグリーン色なので、最初に見えないところでシミ抜きに耐えられるかまずはテストしました。
漂白による耐久テストでは、温度と濃度に要注意でした。(色が抜けやすいです)

襟、肩、袖と黄変が見られます。特に襟の汚れと黄変が目立ったのでシミ抜きから始めました。

シミだけ、落ちろ!落ちろ!と念じながら(笑)、慎重な作業です。

ある程度落ちたのであとは全体を漬け込み漂白です。
これも、温度・濃度・時間を守り、特に色柄物は要注意です。

Processed with Moldiv

afterの写真を見ていただけばわかりますが、黄色くなってた箇所がキレイになりました。

白いものを漂白するのは割と簡単ですが、このような色の品物は気を遣います。
品物によっては水に入れただけで色が出てしまうものもあり、慎重に取り扱わなくてはなりません。
シミ抜きには、多くの薬剤を使わなくてはならないことがありますので、経験と知識が必要です。
困ったときに頼れる「信州長染会」のお店ををぜひご利用ください。

投稿者プロフィール

宮川クリーニング 宮川 真一
宮川クリーニング 宮川 真一
長野市三輪にある小さなクリーニング屋さんの店主です。
『洗濯のプロ!』『しみ抜きのプロ!』であるがために専門の知識を習得し日々精進しております。すべてはお客様に喜んでいただくために。
The following two tabs change content below.
宮川クリーニング 宮川 真一

宮川クリーニング 宮川 真一

長野市三輪にある小さなクリーニング屋さんの店主です。 『洗濯のプロ!』『しみ抜きのプロ!』であるがために専門の知識を習得し日々精進しております。すべてはお客様に喜んでいただくために。
2014-08-15 | Posted in 洋服についたシミ, 全体漂白, 変色の復元加工Comments Closed 

関連記事