“しまい洗い”で最終チェック!今回は色移りを発見

IMG_5496

まだまだ暑い日も続いておりますが、お盆も過ぎますと朝夕は大分過ごしやすくなってきました。一日の中でも気温が変わりますので、着られる服も出したり片付けたり…今回は、この時期に起きがちな衣類の色移りトラブルのご相談です。

一度片付けたお洋服ですが、暑さがぶり返してきたので、慌てて出したところ、重ねってあった洋服の色が、お気に入りの白ブラウスに色移りしてしまったようです。

 

今回は革の部分の色が移ったとのことでした。顔料で染められていたようで、それを溶かす処理を行っていきます。

IMG_5537

色移りの処理も無事終了。今回は気づかれたのが早かったので良かったです。

 

このままタンスにしまわれるとのことですので、特殊水洗いで夏場の汗を洗い流し、最後に綺麗にアイロンをかけて完成です。

IMG_5539IMG_5540

夏物の“しまい洗い”は、出来るだけ水を通しておくと、汗などの残留による黄ばみや変色を防止することができますのでお薦めです。片付けも同系統色などまとめられるといいですね。特に革製品、濃紺や赤など色の濃いものは注意が必要です。

“しまい洗い”“正しいお洋服の整理法”については、衣類のプロフェッショナル集団「信越長染会」の加盟店にご相談ください。今回の“しまい洗い”についての報告は、長野県茅野市クリーニング屋フミットくんこと、小池ドライクリーニングの小池文人(こいけふみと)が投稿させて頂きました。(顔料の色移り:一ヶ所500円)

The following two tabs change content below.
小池ドライクリーニング 小池 文人
一点一点心を込めて仕上げます。復元加工、復元仕上げ、アクアクリーニング、お直し、衣類のトータルケアのお手伝い。愛称は「茅野のクリーニング屋フミットくん」

関連記事