タートルネック内側の黄変

今回は寒い時期ならではの事例です。

綿の厚手Tシャツのタートルネック(昔でいうところのとっくりです)の内側が黄変し、洗っただけではとれません。

首に触れる部分ですので、この様にシミになりやすい部分ではあります。

 

変換 ~ タートルビフォー

手順通りにしみ抜きを行い、黄色い部分を漂白することによって黄変を除去することが出来ました。

これでまた気持ちよくご着用いただけます。

 

タートルアフター

 

寒い季節に重宝するタートルネックの内側が黄色くなっていませんか?

家庭洗濯ではなかなかとれにくいので、信越長染会の各お店にお任せくださいね。

今回は、長野市上松の(有)クリーニングタケウチ、竹内が担当させていただきました、ありがとうございました。

 

The following two tabs change content below.
クリーニング タケウチ 竹内 義人

クリーニング タケウチ 竹内 義人

1965年より長野市上松にて営業、現在三代目。 洗いあがりの良さと、着ごこちの良さを追求して、をテーマに頑張っています。 長野市北部を中心に集配いたします。
クリーニング タケウチ 竹内 義人

最新記事 by クリーニング タケウチ 竹内 義人 (全て見る)

2017-01-26 | Posted in 黄ばみ・変色のシミ, 黄ばみ取りComments Closed 

関連記事