家で洗ったら色が出た…

今回は家で洗ったら、色が出てしまった事例です。

写真ではわかりにくいのですが、部分的に濃くなっているところと、うす青く色が出てしまったところがあります。

洋服の取り扱い絵表示は、水が☓。

見た目だけで、簡単そうだから洗ったとか、家庭洗濯機のドライコースで洗ったから問題ない。

いえ、問題があります(笑)

水が☓になっている場合、色が出たり縮んだり、メーカーさんでもテストした結果で取り扱い絵表示をつけています。

簡単そうでも、こういったことが起きる可能性がありますので、注意が必要です。

濃い色移りは、部分的にシミ抜き処理をし、全体にうす青いものは、特殊漬け込み処理を行い、キレイになりました!

もし失敗した場合でも、お気軽に信越長染会のお店にご相談ください。

投稿者プロフィール

㈱ファッションケアー明和 小池 正樹
衣類のシミやトラブルを解決しながら、可能な限り元の状態に復元することを信条とし、自身のクリーニングの知識や体験を踏まえ、お客様のみならず同業他社からも依頼がある。
全国で80人ほどしかいない京技術修染会の修復師の資格を持ち、また全国で10人ほどしかいない京技術修染会の認定講師試験に合格し長野県では初の資格取得者。
The following two tabs change content below.

㈱ファッションケアー明和 小池 正樹

衣類のシミやトラブルを解決しながら、可能な限り元の状態に復元することを信条とし、自身のクリーニングの知識や体験を踏まえ、お客様のみならず同業他社からも依頼がある。 全国で80人ほどしかいない京技術修染会の修復師の資格を持ち、また全国で10人ほどしかいない京技術修染会の認定講師試験に合格し長野県では初の資格取得者。

最新記事 by ㈱ファッションケアー明和 小池 正樹 (全て見る)

2017-04-14 | Posted in 洋服についたシミComments Closed 

関連記事