トートバッグに付いた、古いシミ

今回の事例はトートバッグに付いた原因不明の古いシミです。

衣類だけではなく、バッグにもシミは付きますよね。

バッグにも様々な種類があり、革のバッグもあれば、布のバッグもあります。

洗えないものもあれば、洗えるものもありますし、染み抜きが困難なものもあれば、可能なものもあります。

今回のバッグは部分的に革が使われていますが、本体は布製のバッグです。

これも、信越長染会の染み抜き技術を応用すれば、対応できるシミでした。

基本的にバッグは洗うことを想定して作られていません。なので、クリーニングとしてお持ちいただいても、全体を洗うと品物自体を駄目にしてしまう品物もありますね。

ですが、染み抜きで気になる部分を綺麗にして仕上げるといった方法もございます。

常日頃から様々なシミと向き合わせて頂いております。諦める前に、お気軽に信越長染会のメンバーのお店にご相談くださいね。

The following two tabs change content below.
(有)クリーニング黒岩 近藤 義之

(有)クリーニング黒岩 近藤 義之

長野県須坂市のクリーニング店5代目として、日々様々な衣類のシミと向き合っております。 ちがいのわかるクリーニングを目指し、どの様な衣類のシミも、すべて同様に全力を尽くさせて頂きます。 洋服、和服、お気軽にご相談ください。
2017-04-19 | Posted in その他・特殊品・色修正, バッグの復元Comments Closed 

関連記事