店舗名:小池ドライクリーニング

会員名:小池文人
住所:〒391-0011
茅野市玉川408
TEL:0266-72-1556
FAX:0266-72-1556
ホームページ:
SNS: facebook     

大きい地図で表示

ごあいさつ

【洗練された技に最先端をプラス】
お客様からお預かりした大切な服や思い出の品を、現在私どもが出来る最善の方法でクリーニングし、お客様にお返しすることを一番に考え、一点一点心を込めて仕上げさせていただいております。
古くから“一点一点心を込めて…”という言葉は、このクリーニング業界で頻繁に使われていますが、この言葉の重さ、思いを大切にしながら、お客様からお預かりした品物に真摯に向かい合い、日々研鑽に励んでおります。

宅配着物ドレスブランド革・毛皮バッグ靴・ブーツじゅうたん毛布ぬいぐるみしみ抜き色修正ウエット撥水加工防虫加工
    
このお店に問い合わせ
お名前(必須)
メールアドレス(必須)
題名
メッセージ本文
    

小池ドライクリーニング最新記事

お気に入りのスカジャンを水洗いしてしまいました。

今回は、長野県茅野市 小池ドライクリーニングの小池文人(こいけふみと)が、事例を担当させて頂きます。お気に入りのリバーシブルスカジャンをお家で水洗いしたところ、裏の赤色が、袖口などに色移りしてしまったそうです。   スカジャンは、光沢のある生地や色鮮やかな和風刺繍が特長のジャンバーです。最近若い方の中でも、人気アイテムの一つです。色鮮やかな生地を繋ぎ合わせて作られているものが多いですね。しかし、鮮やかな色、特に濃紺や赤色などは、色移りしやすいですので、水洗いにはとても注意が必要です。ものによっては、ちょっとした雨でも色移りすることもあります。  今回の生地はアセテートと呼ばれるもので、とても発
>>記事を読む

category: 色移り・移染のシミ 洋服についたシミ 全体色移りの処理 移染(色移り)のシミ

高級ネクタイの復元:BVLGARI(ブルガリ)

今回は、長野県茅野市 小池ドライクリーニングの小池文人(こいけふみと)が、事例を担当させて頂きます。皆さんご存知のラグジュアリーブランド“BVLGARI(ブルガリ)のネクタイ”に食べ物(スープ?)が飛んでしまったようで、全体的に黄色く変色しています。   何度かこのサイトでもご紹介していますが、シミもついたばかりでしたらあまり手間もかからず復元できます。しかし、今回は海外出張の多いお客様ということ、旅先でのご商談の際、ついてしまいましたようで、その後かなりの時間が経ち、ガッチリとシミも定着しています。   食べ物…特に油分の多いスープのシミは、様々な成分が入り乱れています。皆様も、時間とともに
>>記事を読む

category: 黄ばみ・変色のシミ 食べ物のシミ 洋服についたシミ 色修正

成人式:ブラウスにベルトのスレ

今回は、長野県茅野市 小池ドライクリーニングの小池文人(こいけふみと)が、事例を担当させて頂きます。   「成人式で着たブラウスにベルトが擦れてしまいました」成人されるお客様からのご相談です。着慣れないご洋服、新しいベルト、ご緊張もあると思いますので、このような擦れのおきる条件がそろっていますね。   今回のお客様とは、保育園のころからのお付き合い、お洋服を通してですが、彼女の成長を見てきたので、とても感慨深いものがあります。私たちクリーニングに関わる仕事をしていますと、節目節目の式典で衣類のお手入れをさせて頂くことがあります。子どもたちが、たくましく、やさしく、夢をもって、育っていく姿、心よ
>>記事を読む

category: 洋服についたシミ スレ直し 移染(色移り)のシミ

シルクウールの修正依頼

今回の事例投稿は、長野県茅野市 小池ドライクリーニングの小池文人(こいけふみと)が、担当させて頂きます。   「この変色直ります?ダメなら捨てようかと思っているのだけど…お気に入りだし…」 柔らかな絹とウールの生地のセーターです。軽くて肌触りも良く、厚着の多いこの時期インナーとしては、最適のアイテムですね。ただ、その分室内で汗をかいてしまうと知らず知らずのうちに汗を吸い取り、時間とともに黄色く変色してしまった(涙)…なんてことがあります。   今回は、黄色い変色をまず薄くしていきます。絹の品物はどうしても元々の色素より、黄ばみの色の方が強くなってしまうので、漂白処理によって生地の色が失われてし
>>記事を読む

category: 黄ばみ・変色のシミ 洋服についたシミ 脇の黄変 黄ばみ取り 色修正 補色 ウェットクリーニング

IMG_7911 ニットジャンバー全体的に黄ばみあり!

今回は、長野県茅野市 小池ドライクリーニングの小池文人(こいけふみと)が、事例を担当させて頂きます。 「こんな感じの黄ばみって直るんですか?」当店に初めてシミ抜き相談頂くお客様、かなりの方が実は半ば修復をあきらめていることが多いです。今回のお品物も、何件か他のクリーニング店で依頼してきたのですが、これが限界と戻ってきてしまったようです。 確かに…綿の織物、白い糸と黒い糸を編んでいますので、黄ばみ処理を行うと、色の濃い黒い糸の色が薄くなってしまうことがあります。 「信越長染会」加盟のクリーニング店では、通常のしみ抜きと合わせて、“色修正”という技術を習得していますので、シミ抜きを行い薄くなってし
>>記事を読む

category: 黄ばみ・変色のシミ 洋服についたシミ 全体漂白 黄ばみ取り 色修正 補色

IMG_8277 かなり昔につけてしまった赤インクのシミ

今回は、長野県茅野市 小池ドライクリーニングの小池文人(こいけふみと)が、事例を担当させて頂きます。当店今年最後の投稿は、この時期多くなります制服のクリーニング。ご卒業を控え、後輩の方に使われていた制服をお譲りしようとしたところ、赤インクが目立ってしまってとのご相談でした。 いつぐらいに付いたかはわからないそうで、何度も何度もお洗濯をされてしまったそうです。 確かに処理をさせて頂きましたが、なかなか手ごわいインクですね。溶剤で徐々に流していき大分薄くはなってくるのですが、何となくピンクが残ってしまいます。 生地も大分弱っておりましたので、赤色をぼかす染色補正に切り替え、ピンク色を少しづつ見えな
>>記事を読む

category: ワイン・インク等のシミ 洋服についたシミ

IMG_7045 ドルチェ&ガッバーナ(Dolce & Gabbana)ダメージジーンズの黄ばみを取ってください!

今回の事例は、ドルガバことドルチェ&ガッバーナ(Dolce & Gabbana)のダメージジーンズの黄ばみを取ってくださいとのご相談でした。 実はダメージジーンズやヴィンテージ衣類のシミ抜きの場合、お客様との打合せがとても大切になります。品物やお客様の価値観によっては、それが品物自体のアジであったり、好みであったりすることもあります。また色の修正が必要なのか、しみ抜きをした際に、どんな状態が予想されるのか、どこまでをお客様がご希望なのかを確認させていただき、作業に入っていきます。 今回は、全体にオレンジ色になっている黄ばみを取ってほしいとのご希望でしたので、下地の色を落とさない
>>記事を読む

category: 黄ばみ・変色のシミ 洋服についたシミ 黄ばみ取り

IMG_6992 意外と苦戦…ミートソースのシミ

今回の事例は、ミートソースがお気に入りのシルクブラウスに飛んでしまったとのご相談。ついたばかりのようですが、ちょっと苦戦しました。 なぜ?…シミをよ~く見て頂くと、シミの周りに黒い縁のようなものが見えます。この黒い縁の正体は、オリーブオイル…しかも「乾性油(かんせいゆ)」と呼ばれる熱のかかった油です。この油がミートソースのオレンジ色の色素を閉じ込めているのです。 まず固まった油をしっかり壊しながら、トマトに含まれる「リコピン」のオレンジ色をはずしていきます。綺麗な柄も復活です。 しみ抜きは化学です、プロフェッショナル集団「信越長染会」の加盟店にご相談ください。今回は、長野県茅野市クリーニング屋
>>記事を読む

category: 食べ物のシミ 洋服についたシミ トマトケチャップのシミ 食べこぼし

IMG_6784 夏の汗はご用心…サマージャケット襟首の黄ばみ

いよいよ本格的な秋です。衣替えも本格的となってきました。暑い夏を乗り切りました夏物衣類、大分汗をため込んでいます。今回のご相談は、衣類を片付けようとしたところ、サマージャケットの襟首などが黄色く黄ばんでしまったとのご相談です。   汗をたっぷり含んだ衣類は、一シーズン過ぎますと黄色く黄ばんでしまうことがあります。これはこのブログでもよく紹介されています。シミなどが酸素と結合する“酸化”という状態です。このままにしておくと衣類は更に酸化が進み、最終的に生地の色を変色させ、色の脱色、退色などの状態となってしまいます。 以前投稿の退色してしまった衣類↓ こうなってしまうと生地の色に近づける
>>記事を読む

category: 黄ばみ・変色のシミ 洋服についたシミ 全体漂白 黄ばみ取り 汗による退色 ウェットクリーニング 襟の皮脂汚れ

IMG_5885 御柱法被に黄ばみ そろそろ“しまい洗い”の時期です

私ども店舗のある諏訪地域、今年は七年に一度の御柱年ということで、春先の諏訪大社上社下社“本宮祭”、様々な子どもの御柱、各地域での御柱“小宮祭”と、本当にお祭一色の一年でしたが、いよいよそんなお祭りムードも佳境となってきました。 地域によっては、小宮祭も終了し、一年間活躍しましたハッピを含む、お祭衣装の片付け“しまい洗い”をしていくお客様も徐々に増えています。 今回のご相談は、お祭中についてしまった法被の黄ばみです。当初はクリーニングのみのご希望でしたが、全体をチェックしていくと、お客様が気づかない間についたシミを発見。お祭中ついた記憶は無いそうでしたが、お酒など時間とともに黄色が強くなるものも
>>記事を読む

category: 黄ばみ・変色のシミ 洋服についたシミ