夏用帽子のシミ抜き

夏に使用した帽子は日焼け、汚れとも多く付着していますので、

そのまま放置しておくと、黄ばみや色やけが発生して簡単には取れなくなります。

 

今回の事例は、麻100%の白い帽子です。

内側のおでこのあたる部分が、汗と、お化粧(ファンデーションなど)により

黄色く変色してしまったものです。

油性のシミと水溶性のシミが混同して普通に洗っただけでは完全に落ちません。

両方のシミ抜き処理を丹念に行い、残ったシミは漂白することでキレイになりました。

 

シミ抜き料金 1000円

 

変換 ~ IMG_2184  変換 ~ IMG_2316

投稿者プロフィール

宮川クリーニング 宮川 真一
長野市三輪にある小さなクリーニング屋さんの店主です。
『洗濯のプロ!』『しみ抜きのプロ!』であるがために専門の知識を習得し日々精進しております。すべてはお客様に喜んでいただくために。
The following two tabs change content below.

宮川クリーニング 宮川 真一

長野市三輪にある小さなクリーニング屋さんの店主です。 『洗濯のプロ!』『しみ抜きのプロ!』であるがために専門の知識を習得し日々精進しております。すべてはお客様に喜んでいただくために。

最新記事 by 宮川クリーニング 宮川 真一 (全て見る)

2013-12-24 | Posted in 洋服についたシミ, 帽子のシミComments Closed 

関連記事