タンクトップ 汗による生地の色のにじみ

伊那市のIさまからしみ抜きのご依頼を承りました。

 

Iさまは、お気に入りの衣類を普段は家庭で洗われているようです。

ですが、生地の黒の部分から色がにじんでしまい、にじんだ色が家庭ではとることができず、着る機会がなくなってしまいました。

そこで、当店にご相談いただきました。

IMG_1691

 

夏は汗をよくかきますよね。

その汗は、時間の経過とともにアルカリ性に変化します。アルカリ性になると、生地の染料に影響を与えて染料がにじみやすくなってしまいます。

<しみ抜き前>

IMG_1692

 

<しみ抜き後>

IMG_1693

 

これでまた気持ちよく着ていただけます。

今回のように汗による生地の色のにじみを予防するためには、着用後はできるだけ早く洗浄してください。

でも、生地や染料によってはすぐに色がにじんでしまうものもあります。

そんな時は、信州長染会のお店にお気軽にご相談ください。

 

今回のしみ抜き代:1,000円(消費税・クリーニング代別)

投稿者プロフィール

(資)幸村クリーニング店 幸村 康弘
(資)幸村クリーニング店 幸村 康弘
長野県の山の中にある当店ですが、北は岩手県から南は福岡県、もちろん東京や大阪からもシミ抜きの依頼を受けています。汗で脱色したルイジボレリのネクタイ、赤ワインをこぼしてしまったD&Gの麻のジャケット、カビてしまったかけがえのない横断幕等々。
京技術修染会認定「修復師」として知識と経験と思いやりで、お客さまの「困った」「何とかしてほしい」という気持ちに全力でにお応えします。
The following two tabs change content below.
(資)幸村クリーニング店 幸村 康弘
長野県の山の中にある当店ですが、北は岩手県から南は福岡県、もちろん東京や大阪からもシミ抜きの依頼を受けています。汗で脱色したルイジボレリのネクタイ、赤ワインをこぼしてしまったD&Gの麻のジャケット、カビてしまったかけがえのない横断幕等々。 京技術修染会認定「修復師」として知識と経験と思いやりで、お客さまの「困った」「何とかしてほしい」という気持ちに全力でにお応えします。
2014-06-25 | Posted in 洋服についたシミ, 移染(色移り)のシミ, 汗による色落ちComments Closed 

関連記事