toggle
2014-07-12

綿ズボンについたコーヒーのシミ抜き

今回は、綿のズボンについたコーヒーのシミ抜きです。

他店にてシミ抜きを依頼したのですが、多少、染み部分は薄くはなってきたそうですが、完全に取りきれないで、お持ち込みいただきました。

コーヒーといっても、ブラックコーヒーもあれば、缶コーヒー、砂糖入りコーヒー、クリーム系のカフェオレなどなど、コーヒーの中に、ミルクが入ったり、クリームが入ったり、砂糖が入ったりしただけでも、シミの成分は変わってきてしまいます。

また、素材は綿でも、ベージュ系の色の場合は、シミ抜きをすることで色が白っぽくなってしまうことがあります。

まして、他のお店でいじってしまっていると、余計にそのリスクは高くなります(>_<)

部分的にテストし、残ってしまっている原因を特定し、今回は、ブラックコーヒーという事が判明しました(^_^;)

コーヒー1 コーヒー2 コーヒー3

このような場合でも、あきらめず、お近くの信州長染会のお店にお気軽にご相談ください。

今回のシミ抜き代金 1500円(税抜き)

投稿者プロフィール

㈱ファッションケアー明和 小池 正樹
衣類のシミやトラブルを解決しながら、可能な限り元の状態に復元することを信条とし、自身のクリーニングの知識や体験を踏まえ、お客様のみならず同業他社からも依頼がある。
全国で80人ほどしかいない京技術修染会の修復師の資格を持ち、また全国で10人ほどしかいない京技術修染会の認定講師試験に合格し長野県では初の資格取得者。
The following two tabs change content below.

㈱ファッションケアー明和 小池 正樹

衣類のシミやトラブルを解決しながら、可能な限り元の状態に復元することを信条とし、自身のクリーニングの知識や体験を踏まえ、お客様のみならず同業他社からも依頼がある。 全国で80人ほどしかいない京技術修染会の修復師の資格を持ち、また全国で10人ほどしかいない京技術修染会の認定講師試験に合格し長野県では初の資格取得者。

最新記事 by ㈱ファッションケアー明和 小池 正樹 (全て見る)

関連記事