七五三の着物の古いシミ

タンスにしまっておいた七五三の着物を出してみたところ、黄色っぽいシミが付いていたとのこと。

広げて見ると小さいですが写真のような黄色っぽいシミが数か所ありました。

シミがそのままで時間が経過し酸化してしまったようです。

酸化とは、シミが酸素に触れて変化してしまうことを言います。

こうなると、特に動物性繊維のシルク、ウールは脆化してる場合もあるので、

シミ抜きもかなり注意しなければなりません。

image10 image11

今回もキレイにすることが出来ました。

しばらく着用しない物は、例え1度だけの着用でもキレイにしてからの保管をお勧めします。

どんな事例でも信州長染会のお店にお気軽にどーぞ♪

 

投稿者プロフィール

ファッションケア FUJI 藤森 真一
ファッションケア FUJI 藤森 真一
1969年創業の2代目。
お客様の大切な洋服、1点1点丁寧に全力で取り組んでいます。
長野市内、集配いたします。
The following two tabs change content below.
ファッションケア FUJI 藤森 真一

ファッションケア FUJI 藤森 真一

1969年創業の2代目。 お客様の大切な洋服、1点1点丁寧に全力で取り組んでいます。 長野市内、集配いたします。
ファッションケア FUJI 藤森 真一

最新記事 by ファッションケア FUJI 藤森 真一 (全て見る)

2014-08-25 | Posted in 洋服についたシミ, 黄ばみ取り, 時間の立った古いシミComments Closed 

関連記事