着物の柄にカビのシミ

今回の事例は

着物の柄に付いたカビのシミです。

比較的、長い時間仕舞われていることが多い着物ですので、使う時に出してみたらカビのシミが付いていたというご相談は多いですね。

201412171

今回の着物は、柄の白い部分に黄色くカビのシミが出ていました。

カビのシミは通常のクリーニングでは残ってしまうことが多いですし、なにより着物は長い期間しまってあることが多いため、シミが生地を痛めている事も多いです。

ですので、生地の状態を確認して慎重に復元加工を施していきます。

201412172

5箇所、同じような状態になていましたが、それぞれ綺麗にすることが出来ました。

しまったまま忘れがちな着物、時々状態を確認してあげてください。

もし、気になるシミなどがありましたら、お気軽に信州長染会のメンバーのお店を訪ねてみてくださいね。

 

参考シミ抜き代 5,000円(税別)

 

投稿者プロフィール

(有)クリーニング黒岩 近藤 義之
長野県須坂市のクリーニング店5代目として、日々様々な衣類のシミと向き合っております。
ちがいのわかるクリーニングを目指し、どの様な衣類のシミも、すべて同様に全力を尽くさせて頂きます。
洋服、和服、お気軽にご相談ください。
The following two tabs change content below.

(有)クリーニング黒岩 近藤 義之

長野県須坂市のクリーニング店5代目として、日々様々な衣類のシミと向き合っております。 ちがいのわかるクリーニングを目指し、どの様な衣類のシミも、すべて同様に全力を尽くさせて頂きます。 洋服、和服、お気軽にご相談ください。
2014-12-18 | Posted in 黄ばみ・変色のシミ, 着物についたシミ, カビComments Closed 

関連記事