簡単には落ちない古いシミの処理

食べこぼしなど放っておくと洗っても落ちにくくなります。
落ちないものはシミ抜きする訳ですが、ここでも簡単にはいかないものもあります。

今回は、素材に負担が掛からないようにシミ抜きをしました。

image
カシミアのセーター

image
シルクウールのブラウス

両方の素材はシミ抜きガンを使用し過ぎると毛羽を消失させたり、白っぽくなってしまいます。
また、スチーム漂白で深追いすると完全に白くなってしまいNGです。

そこで両方の素材に適した薬品を用いてのシミ抜きです。
この薬品、塗った時はキレイな紫色をしているのですが、
時間の経過と共に茶褐色になり、数分後に薬品残留がないようによく中和してから濯ぎます。
あとは薄っすらシミが残ったところを色掛けして完了です。

素材を傷ませずシミ抜き処理するには技術はもちろん、裏付けられた理論も頭になくてはなりません。
そんなスキルを身につけている信州長染会はプロの染み抜き軍団です。
シミでお困りの際はぜひご相談なさってください。

投稿者プロフィール

宮川クリーニング 宮川 真一
宮川クリーニング 宮川 真一
長野市三輪にある小さなクリーニング屋さんの店主です。
『洗濯のプロ!』『しみ抜きのプロ!』であるがために専門の知識を習得し日々精進しております。すべてはお客様に喜んでいただくために。
The following two tabs change content below.
宮川クリーニング 宮川 真一

宮川クリーニング 宮川 真一

長野市三輪にある小さなクリーニング屋さんの店主です。 『洗濯のプロ!』『しみ抜きのプロ!』であるがために専門の知識を習得し日々精進しております。すべてはお客様に喜んでいただくために。
2015-01-20 | Posted in 食べ物のシミ, 食べこぼしの黄変Comments Closed 

関連記事