綿のワンピースにコーヒーのしみ

変換 ~ コーヒーのしみ前今日で9月も終わりですね、月日の経つのは早いもので暑くて困っていた日々が、朝晩はめっきり涼しくなり過ごしやすくなりました。

さて今回の事例は、綿の白っぽいワンピースにコーヒーをこぼしてしまったという件です。

コーヒーにも入れてあるものによって対応が異なってきます、ブラックなのか砂糖入りなのか、はたまたミルク砂糖入りなのか、ざっと挙げてもこれだけの種類があります。

シミを観察してみたら今回の場合は、ミルク入りであることが推測されました。

変換 ~ コーヒーのしみ後まずミルクの部分を除去してから、コーヒーの色素を除去することによってキレイにすることが出来ました。

今回の品物をお持ちくださったお客様は、コーヒーをこぼしてしまった時に拭き取るくらいにしてそのままの状態でお持ちくださいました。

その場で濡れタオルで拭き取ろうとしたり、水で流そうとしてもコーヒーの色素は落ちませんので、拭き取るくらいにしてそのままの状態でお持ちくださった方がこじれなくて済みます。

宜しくお願い致します。

投稿者プロフィール

クリーニング タケウチ 竹内 義人
1965年より長野市上松にて営業、現在三代目。
洗いあがりの良さと、着ごこちの良さを追求して、をテーマに頑張っています。
長野市北部を中心に集配いたします。
The following two tabs change content below.

クリーニング タケウチ 竹内 義人

1965年より長野市上松にて営業、現在三代目。 洗いあがりの良さと、着ごこちの良さを追求して、をテーマに頑張っています。 長野市北部を中心に集配いたします。

最新記事 by クリーニング タケウチ 竹内 義人 (全て見る)

2015-09-30 | Posted in 全体漂白, コーヒーのシミ, カフェラテのシミComments Closed 

関連記事