襟の黄ばみ

10月も終盤になり、秋も一層深まってきました。

これから外へ出かける時は少し厚手の物の出番となりますね。

今回は、その必要となってくる婦人物ジャケット襟の黄ばみの事例です。

image15

直接肌に触れてしまう襟は、皮脂や汗の汚れが付いたまま時間経過すると、酸化して写真のような黄ばみになってしまうことが少なくありません。

このようになってしまうと、特殊なシミ抜きや色補正等が必要となってきます。

信越長染会では、この黄ばみをキレイにする技術「イエローホワイトニング」を用いて修復していきます。

image25

生地本来の色に戻りキレイになりました。

白物はもちろん、色柄物でも襟、脇、股下等が黄ばみのシミになってしまったら、この「イエローホワイトニング」を是非お試しください。

 

 

投稿者プロフィール

ファッションケア FUJI 藤森 真一
1969年創業の2代目。
お客様の大切な洋服、1点1点丁寧に全力で取り組んでいます。
長野市内、集配いたします。
The following two tabs change content below.

ファッションケア FUJI 藤森 真一

1969年創業の2代目。 お客様の大切な洋服、1点1点丁寧に全力で取り組んでいます。 長野市内、集配いたします。

最新記事 by ファッションケア FUJI 藤森 真一 (全て見る)

関連記事