Tシャツのプリントが移ってしまった…

この冬最初で最強の寒波襲来です。風が凄いし未明から降り出した雪もかなり積もってきました。
雪かきの1日になりそうです。

 

Tシャツをアイロン掛けしてそのプリント部分がアイロンに溶けてそのまま白のブラウスをアイロン掛けしまい熱転写してしまった事例です。

image   before

 

Processed with MOLDIV   after

アイロン熱で溶けたプリントの材質、色、接着剤など混ざり合って転写してるのでかなり厄介です。
幸い、綿100の白いブラウスのためいろいろなシミ抜き剤を使うことができ、多少無理して使用することができました。

私も仕事柄アイロンをかける前に、必ずアイロン面を水を含んだタオルでよく拭いてから使用しますが、特に白物をかける前には必ず確認してくださいね。シミも熱が掛かってしまうと落ちにくくなりますから。

投稿者プロフィール

宮川クリーニング 宮川 真一
長野市三輪にある小さなクリーニング屋さんの店主です。
『洗濯のプロ!』『しみ抜きのプロ!』であるがために専門の知識を習得し日々精進しております。すべてはお客様に喜んでいただくために。
The following two tabs change content below.

宮川クリーニング 宮川 真一

長野市三輪にある小さなクリーニング屋さんの店主です。 『洗濯のプロ!』『しみ抜きのプロ!』であるがために専門の知識を習得し日々精進しております。すべてはお客様に喜んでいただくために。

最新記事 by 宮川クリーニング 宮川 真一 (全て見る)

2016-01-20 | Posted in 色移り・移染のシミComments Closed 

関連記事