パナマ帽のしみぬき

いつも信越長染会のホームページをご覧頂きありがとうございます。

今日の染み抜き事例は・・・

今、流行りのパナマ帽についたコーヒーの染み抜きをご紹介します。

image

image

これはお客様の息子さんが、沖縄に旅行に行った際購入されたとのこと。その帰路でウッカリ、コーヒーをこぼしたそうです。

「これ、もう落ちないだろうから捨てる…」と息子さん。

「もったいない!まだ被れるんじゃない?」「コーヒーが薄くなるだけでも良いんだけど…」とそのお父様がご相談くださいました。

 

「使用するのに気にならないくらいまで復元しますよ!」とお預かり致しました。

この商品は形を大切にして、形を楽しむ商品ですよね。

ですので、通常の洗濯機などの機械類で洗う作業は出来ません。型崩れしてしまいます…

この形のまま少しずつ染み抜きをします。

 

先ずは、コーヒーも油脂が含まれていますので、油分からタンパク質…とひとつずつシミの層を外していきます。

形を気にしながら、焦らずゆっくり染み抜きしていきます。

 

すると↓

image

image

形も崩さず綺麗に染み抜き出来ました!

さらに並べると一目瞭然↓

image

これでまた使用出来ますね!

 

 

実際にお客様は諦めかけていたようでしたので、驚くと同時にお喜びくださいました。

信越長染会 加盟店では「もったいない!」を復元出来る技術のあるお店が揃っています。

もうこのシミは…と諦める前にぜひ信越長染会 加盟店にご相談ください!

 

投稿者プロフィール

(株)柏崎ドライ 澤田 篤
新潟県村上市で昭和45年から創業。丁寧な仕事を心がけ営業し現在に至る。
お客様からの衣類のお悩みに、あらゆる技術で誠意を持ってお応えします。
洗い、染み抜きには特に力を入れ、本当に綺麗なクリーニングを目指し、更なる技術向上のため日々努力をさせて頂いてます。

この他、靴・カバンなどの革製品のメンテナンスも取り扱っております。
The following two tabs change content below.

(株)柏崎ドライ 澤田 篤

新潟県村上市で昭和45年から創業。丁寧な仕事を心がけ営業し現在に至る。 お客様からの衣類のお悩みに、あらゆる技術で誠意を持ってお応えします。 洗い、染み抜きには特に力を入れ、本当に綺麗なクリーニングを目指し、更なる技術向上のため日々努力をさせて頂いてます。 この他、靴・カバンなどの革製品のメンテナンスも取り扱っております。

最新記事 by (株)柏崎ドライ 澤田 篤 (全て見る)

2016-08-19 | Posted in 食べ物のシミ, 洋服についたシミ, コーヒーのシミ, 帽子のシミComments Closed 

関連記事