家庭で洗っても取れなかった魚の血のシミ抜き

「このシミとれますか?」

受付の際に、こう聞かれることがよくあります。
今回は男性のお客さまがご来店で、お話をお聞きすると魚の血が付いてしまったそうで、ご家庭で一度洗濯したけれどシミが取れずに残ってしまったそうです。
血という割には一度洗濯をされているので薄い黄色になっていますが、生地が白なので実際は目立ちます。

生地を確認して作業工程を模索していると…

「実は、彼女のものなのですが自分がシミを付けちゃって…いくらかかってもいいんで、何とかしてほしいんです!!!」

それは何とかしなくては!

<シミ抜き 前>
image1

<シミ抜き 後>
image1-2

これで残念な出来事は、きっと笑い話になることでしょう。

お困りのことがありましたら、お気軽に信越長染会のお店へご相談ください。

 

 

投稿者プロフィール

(資)幸村クリーニング店 幸村 康弘
(資)幸村クリーニング店 幸村 康弘
長野県の山の中にある当店ですが、北は北海道から南は沖縄県、もちろん東京や大阪からもシミ抜きの依頼を受けています。汗で脱色したルイジボレリのネクタイ、赤ワインをこぼしてしまったD&Gの麻のジャケット、カビてしまったかけがえのない横断幕等々。帽子やキャップのエキスパートリメイクの対応は、累計で100点を超えてお客さまに喜んでいただいています。
京技術修染会認定「修復師」として知識と経験と思いやりで、お客さまの「困った」「何とかしてほしい」という気持ちに全力でにお応えします。
The following two tabs change content below.
(資)幸村クリーニング店 幸村 康弘
長野県の山の中にある当店ですが、北は北海道から南は沖縄県、もちろん東京や大阪からもシミ抜きの依頼を受けています。汗で脱色したルイジボレリのネクタイ、赤ワインをこぼしてしまったD&Gの麻のジャケット、カビてしまったかけがえのない横断幕等々。帽子やキャップのエキスパートリメイクの対応は、累計で100点を超えてお客さまに喜んでいただいています。 京技術修染会認定「修復師」として知識と経験と思いやりで、お客さまの「困った」「何とかしてほしい」という気持ちに全力でにお応えします。
2016-10-12 | Posted in 洋服についたシミ, 血液のシミComments Closed 

関連記事