夏の汗はご用心…サマージャケット襟首の黄ばみ

IMG_6784

いよいよ本格的な秋です。衣替えも本格的となってきました。暑い夏を乗り切りました夏物衣類、大分汗をため込んでいます。今回のご相談は、衣類を片付けようとしたところ、サマージャケットの襟首などが黄色く黄ばんでしまったとのご相談です。

 
汗をたっぷり含んだ衣類は、一シーズン過ぎますと黄色く黄ばんでしまうことがあります。これはこのブログでもよく紹介されています。シミなどが酸素と結合する“酸化”という状態です。このままにしておくと衣類は更に酸化が進み、最終的に生地の色を変色させ、色の脱色、退色などの状態となってしまいます。

以前投稿の退色してしまった衣類↓

IMG_3597

こうなってしまうと生地の色に近づけるための補正、“染色補正”“色修正”と呼ばれる大手術が必要なってしまうことが多く、お洋服にも負荷がかかってしまいます。

 

今回は、まだエリ首の皮脂や汗が、黄変した程度でしたので、漂白のみで復元できました。

IMG_6794

 
こういった夏物衣類は、特殊な水洗いで汗をしっかりとっておくと、変色の心配もなくなります。“しまい洗い”“正しいお洋服の整理法”については、衣類のプロフェッショナル集団「信越長染会」の加盟店にご相談ください。今回は、長野県茅野市クリーニング屋フミットくんこと、小池ドライクリーニングの小池文人(こいけふみと)が投稿させて頂きました。

投稿者プロフィール

小池ドライクリーニング 小池 文人
小池ドライクリーニング 小池 文人
一点一点心を込めて仕上げます。復元加工、復元仕上げ、アクアクリーニング、お直し、衣類のトータルケアのお手伝い。愛称は「茅野のクリーニング屋フミットくん」
The following two tabs change content below.
小池ドライクリーニング 小池 文人
一点一点心を込めて仕上げます。復元加工、復元仕上げ、アクアクリーニング、お直し、衣類のトータルケアのお手伝い。愛称は「茅野のクリーニング屋フミットくん」

関連記事