襟の変色修正

秋も深まってきましたが、この夏に活躍した夏物のお手入れはお済でしょうか。

汚れや汗が含んだままにしてしまうと、後々衣類に様々な影響が出てしまう場合があります。

今回の襟の変色も、そんな事例の1つだと思われます。

襟山が茶色から薄っすら緑色っぽくなっています。

image1a

このようになってしまうと、色補正が必要となってきますが「カラーリターン」という技法を用いて修復していきます。

image2a

ほとんどわからないくらいになりました。

洋服を着用したら早めのお手入れをお勧めしますが、もし思いがけないことになってしまってても諦めず信越長染会のお店にお気軽にご相談くださいね。

 

 

 

投稿者プロフィール

ファッションケア FUJI 藤森 真一
1969年創業の2代目。
お客様の大切な洋服、1点1点丁寧に全力で取り組んでいます。
長野市内、集配いたします。
The following two tabs change content below.

ファッションケア FUJI 藤森 真一

1969年創業の2代目。 お客様の大切な洋服、1点1点丁寧に全力で取り組んでいます。 長野市内、集配いたします。

最新記事 by ファッションケア FUJI 藤森 真一 (全て見る)

2016-11-09 | Posted in 色修正, 汗による退色, 変色の復元加工Comments Closed 

関連記事