10年前のシミ抜き

今回の事例は10年前の着物のシミ抜きです。
10年も経っているシミは正直かなりの時間と技術が必要です。

右の辺りに黒い小さなシミがあります。
この小さな10年前のシミを取るには色が抜けるまで漂白をしないと落ちません。


この様にシミと一緒に緑色まで抜けてしまいます。

 

ここからは色掛け作業に入ります。

 

ただ緑色を入れるだけでは絶対に合いません‼️

 

下に残った色は何色か?・何色に近い緑色か?などを考えながら色を作って少しずつ色を入れて行きます。

ここでベターっと塗ってしまいますと、「色を塗りました!」って感じになり目立ってしまいます。

この様に目立たなくなりました。

 

シミ抜きは時間とリスクと技術が必要です。

 

我が信越長染会はこの高等な技術を常に学んでいます。
安心してお任せ下さい。

投稿者プロフィール

株式会社 筑北クリーニング 佐藤 佳彦
当店ではお客様の身になって、1点1点大切な衣類をシミ抜き・洗い・仕上げ・セールなどを実施しております。
宅配・配達(安曇野・筑北村・麻績村)等も御利用頂けます。是非、お問い合わせください。
The following two tabs change content below.

株式会社 筑北クリーニング 佐藤 佳彦

当店ではお客様の身になって、1点1点大切な衣類をシミ抜き・洗い・仕上げ・セールなどを実施しております。 宅配・配達(安曇野・筑北村・麻績村)等も御利用頂けます。是非、お問い合わせください。

最新記事 by 株式会社 筑北クリーニング 佐藤 佳彦 (全て見る)

2016-11-10 | Posted in 着物についたシミ, 10年以上前のシミComments Closed 

関連記事