黒い着物のえりの白化修復

新年明けましておめでとうございます。

本年も皆さまにとり(酉)ましてそれぞれの目標に向かって羽ばたく良い年でありますように。

さて今回は信越長染会、新年一発目の投稿となります!

昨年は信越長染会ホームページにおいて、帽子の退色変色修復のお問い合わせが一番多かったのですが、全般的に色の修復に関してのお問い合わせやご依頼が多かったように思います。

今回は黒い着物のえりが、着用中の擦れなどにより白っぽく筋の様になってしまった箇所の修復事例です。

 

変換 ~ ビフォー1

その1ビフォー

 

アフター1

その1アフター

 

白っぽい筋の部分に黒い色を補ってあげることで、周りと違和感がないように修復することが出来ました。

もう一着同じような事例がありましたのでご紹介させていただきます。

 

ビフォーその2

その2ビフォー

アフターその2

その2アフター

 

黒色というのは、青っぽい黒、赤っぽい黒、緑っぽい黒、黒っぽい黒などほかにもあると思いますが、黒と言っても同じものは一つとしてありません。

また日に焼けたりして変色している品物が多いのも事実です。

皆様の大切にされている品物を大切に長持ちさせていただきたく、信越長染会メンバーは日々学んでおります。

本年も信越長染会のブログをご覧いただきたく、またどんなことでも結構ですのでお気軽にお問い合わせいただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

投稿者プロフィール

クリーニング タケウチ 竹内 義人
1965年より長野市上松にて営業、現在三代目。
洗いあがりの良さと、着ごこちの良さを追求して、をテーマに頑張っています。
長野市北部を中心に集配いたします。
The following two tabs change content below.

クリーニング タケウチ 竹内 義人

1965年より長野市上松にて営業、現在三代目。 洗いあがりの良さと、着ごこちの良さを追求して、をテーマに頑張っています。 長野市北部を中心に集配いたします。

最新記事 by クリーニング タケウチ 竹内 義人 (全て見る)

2017-01-03 | Posted in 色修正, スレによる白化Comments Closed 

関連記事