塩素系漂白剤による脱色

本日は信州諏訪
(有)大成クリーニング 玉本が担当します。

台所の漂白剤や、お風呂のカビとりは、
塩素系漂白剤という成分がほとんどです。

これが衣類に着くと、色が抜けてしまったり
最悪の場合穴が空いてしまうこともあります。

しかも、いつ付いたかも気が付かないことが多いので
注意が必要です。

今回のご相談は、綿のワンピースのの模様の一部に
色が抜けてしまっているところがあるということです。

拝見させていただくと
ところどころ、色が抜けてしまっています。

塩素系漂白剤がついて
色が抜けてしまったようです。

見ようによっては柄の一部に見えなくもないですが、
赤っぽくなっていますので、やはりちょっと目立ちます。
(赤い矢印部分です)

IMG_28681

IMG_28781

IMG_28711

 

このような場合、塩素系漂白剤の成分が残っていると
時間経過とともに穴が空いてしまうこともありますので
まずは、塩素系漂白剤の成分をしっかり落とします。

それから、元の色に合わせて
染めていきます。

IMG_2869

IMG_2879

IMG_2874

キレイに修正できました!

衣類の色抜けなどでお困りの時は
信越長染会のお店にご相談ください

 

投稿者プロフィール

(有)大成クリーニング 玉本 広人
「キレイが一番!」をモットーに、衣類の染み・汚れをなくし元の姿に近づけるため、日本屈指の染み抜き技術の「京技術修染会」染み抜き講習修了をはじめ、お直しや仕上げの技術も磨いている。 また、「衣類のキレイ!」ばかりではなく「体の中と心のキレイ!」も求めて「氣経絡調整師」「まるかん上級カウンセラー」「コミュニケーションリーダー3級」などの資格も持つちょっと変わった「クリーニング師」
The following two tabs change content below.
「キレイが一番!」をモットーに、衣類の染み・汚れをなくし元の姿に近づけるため、日本屈指の染み抜き技術の「京技術修染会」染み抜き講習修了をはじめ、お直しや仕上げの技術も磨いている。 また、「衣類のキレイ!」ばかりではなく「体の中と心のキレイ!」も求めて「氣経絡調整師」「まるかん上級カウンセラー」「コミュニケーションリーダー3級」などの資格も持つちょっと変わった「クリーニング師」

最新記事 by (有)大成クリーニング 玉本 広人 (全て見る)

2017-01-21 | Posted in 洋服についたシミComments Closed 

関連記事