はっぴに発生したカビ

先日、全国生活衛生同業組合の指導センターが主催するセミナーがあり、「たかがカビ、されどカビ」というテーマでカビについての講習会を受けてきました。

その後、部分的にカビが生えてしまったハッピが出てきましたので、今回はその事例について書きたいと思います。

 

模様の中の白い部分に、黒や青い色のカビが生えています、カビ退治には消毒用アルコールも効果があるそうですが、60℃以上の湿熱でほとんど死滅するそうです。

このハッピの場合は洗濯をしてもカビの色が落ちなかったので、カビの部分を漂白しみ抜きをすることにします。しみ抜きの時に蒸気コテを使うので、カビの菌の死滅とカビの色の漂白効果の両方が得られます。

 

蒸気の熱でカビの菌はすぐに死滅したと思われるのですが、カビの色はなかなか消えず根気よくしみ抜き作業を繰り返していき、最後にはきれいにすることが出来ました。

今回の事例に限らず、礼服にカビが生えてしまったご経験をされている方も多いのではないでしょうか。

衣類にカビが生えてしまった時は、信越長染会のお店にご相談ください、カビが生える状況も多種多様ですから、色々なケースに合わせてその後の対応をさせていただきます。

 

 

 

投稿者プロフィール

クリーニング タケウチ 竹内 義人
クリーニング タケウチ 竹内 義人
1965年より長野市上松にて営業、現在三代目。
洗いあがりの良さと、着ごこちの良さを追求して、をテーマに頑張っています。
長野市北部を中心に集配いたします。
The following two tabs change content below.
クリーニング タケウチ 竹内 義人

クリーニング タケウチ 竹内 義人

1965年より長野市上松にて営業、現在三代目。 洗いあがりの良さと、着ごこちの良さを追求して、をテーマに頑張っています。 長野市北部を中心に集配いたします。
クリーニング タケウチ 竹内 義人

最新記事 by クリーニング タケウチ 竹内 義人 (全て見る)

2017-02-18 | Posted in カビComments Closed 

関連記事