着物の黄ばみ取りと染色補正の話

こんにちは!

今日の担当はラヴァージュの梶原が担当します。

さあ新潟も桜が咲いてようやく暖かくなってきたところです。

皆さん衣替えは進んでますか!

さあ今日の事例は

「着物の黄ばみをシミ抜きしたら、シミも取れたけど色も抜けたので色掛けしたよ」

って長いお題です(笑)

 

まあ単にBeforの写真撮り忘れただけなんですけどね (; ^ω^)

オレンジっぽくなっている部分に黄色いシミがありました。

漂白剤を塗っただけでスットーンとシミも取れたけど地色も取れました(汗)

 

ここまでが普通のシミ抜き

ここからが信越長染会の腕の見せ所!

乾かしても若干オレンジっぽく見えてますね

何色を入れていけばわからなくなるでしょう

「私には無くなった色が見えます」w

その色を補ってあげると

どうでしょう

わからなくなってますよね。

このような光沢のある「綸子」はシミ抜きすると光沢がなくなることがあるのですが

今回はちゃんと残ってくれたようです。

着物のしみ抜きもお近くの信越長染会会員のお店か

お問合せからご依頼下さい。

投稿者プロフィール

クリーニングショップ ラヴァージュ 梶原 謙一
はじめまして、クリーニングショップ ラヴァージュ店長の梶原です。

お客さまの心に残るクリーニングを提供したいと思っております。

よろしくお願い致します。
The following two tabs change content below.

クリーニングショップ ラヴァージュ 梶原 謙一

はじめまして、クリーニングショップ ラヴァージュ店長の梶原です。 お客さまの心に残るクリーニングを提供したいと思っております。 よろしくお願い致します。

最新記事 by クリーニングショップ ラヴァージュ 梶原 謙一 (全て見る)

関連記事