赤ワインのシミ抜き

洗ってしまった方が良かったかしら?

いえいえ、洗わずにそのままお持ちいただけて良かったです!

飲み会を企画して、お酒も進んで楽しくなってきて会話も弾んで、ついつい飲みすぎてしまいますよね。
そんな時に、ちょっとした拍子に飲み物をこぼしてしまうことがよくあります。
今回の事例は、そんな状況でこぼしてしまった赤ワインです。

焦っておしぼりなんかでこすって拭いてしまいがちですが、こういった時はおしぼりは使わずにティッシュなどを押さえるようにして水分を移しとるぐらいにして、後日、クリーニングのプロにお任せください。

<シミ抜き 前>

<シミ抜き 後>

画像の袖口だけでなく全体に数か所赤ワインが飛散していましたが、綺麗にシミ抜きができ、これでまた気持ちよく身に着けていただけます。

お困りのことがありましたら、お気軽に信越長染会のお店へご相談ください。

投稿者プロフィール

(資)幸村クリーニング店 幸村 康弘
長野県の山の中にある当店ですが、北は北海道から南は沖縄県、もちろん東京や大阪からもシミ抜きの依頼を受けています。汗で脱色したルイジボレリのネクタイ、赤ワインをこぼしてしまったD&Gの麻のジャケット、カビてしまったかけがえのない横断幕等々。帽子やキャップのエキスパートリメイクの対応は、累計で100点を超えてお客さまに喜んでいただいています。
京技術修染会認定「修復師」として知識と経験と思いやりで、お客さまの「困った」「何とかしてほしい」という気持ちに全力でにお応えします。
The following two tabs change content below.
長野県の山の中にある当店ですが、北は北海道から南は沖縄県、もちろん東京や大阪からもシミ抜きの依頼を受けています。汗で脱色したルイジボレリのネクタイ、赤ワインをこぼしてしまったD&Gの麻のジャケット、カビてしまったかけがえのない横断幕等々。帽子やキャップのエキスパートリメイクの対応は、累計で100点を超えてお客さまに喜んでいただいています。 京技術修染会認定「修復師」として知識と経験と思いやりで、お客さまの「困った」「何とかしてほしい」という気持ちに全力でにお応えします。
2017-05-12 | Posted in ワイン・インク等のシミ, 洋服についたシミ, ワインのシミComments Closed 

関連記事