ネクタイについた血液の染み

今回はネクタイについた血液のシミ抜きです。

このお客様がお持ちいただいた時、シミがついてから
正しい応急処置でシミ抜きを依頼されました。

その応急措置は、シミが付いたらこすらずに、タオルなどで
シミ部分を押し当ててそのままシミ抜き依頼をされました。

実は、シミ抜きの応急処置で一番正しい方法です!

あとは、信越長染会のお店にお持ちいただければ
バッチリです(^_^;)

正しい処置方法で処理をしてあり、またついてから
時間が経過していなかったこともあり、キレイに
落とすことができました!

ネットには、シミ抜きの落とし方などが書いてありますが
ご自身でされるよりも、専門店に任せていただければ
キレイにできますよ!

投稿者プロフィール

㈱ファッションケアー明和 小池 正樹
衣類のシミやトラブルを解決しながら、可能な限り元の状態に復元することを信条とし、自身のクリーニングの知識や体験を踏まえ、お客様のみならず同業他社からも依頼がある。
全国で80人ほどしかいない京技術修染会の修復師の資格を持ち、また全国で10人ほどしかいない京技術修染会の認定講師試験に合格し長野県では初の資格取得者。
The following two tabs change content below.

㈱ファッションケアー明和 小池 正樹

衣類のシミやトラブルを解決しながら、可能な限り元の状態に復元することを信条とし、自身のクリーニングの知識や体験を踏まえ、お客様のみならず同業他社からも依頼がある。 全国で80人ほどしかいない京技術修染会の修復師の資格を持ち、また全国で10人ほどしかいない京技術修染会の認定講師試験に合格し長野県では初の資格取得者。

最新記事 by ㈱ファッションケアー明和 小池 正樹 (全て見る)

2018-01-26 | Posted in 洋服についたシミComments Closed 

関連記事