振袖に付いた黒っぽいシミ

今回の事例は、成人式でお召しになった振袖に付いたシミです。

裾に黒っぽいシミ汚れが付いていますが、お客様もどこで何が付いてしまったかわからないとのことでした。

裾は地面にも近いですし汚れが付きやすい部分でもあります。お車の乗り降りの際にでも付いてしまったのでしょうか…

検品させて頂き油汚れや不溶性のものと判断し、柄や生地を傷めないよう適した薬品で丁寧に落としていきます。

汚れやシミが付いてしまうと、慌ててタオル等で擦ったりと手を加えてしまいがちですが、今回はそのままお持ち頂いたので割とスムーズに落とすことが出来ました。

代々受け継がれることもある成人式の振袖ですから、また次の機会に気持ちよくお召しになれるようキレイにしてしまっておきたいですね!

着物の丸洗い、しみ抜きも信越長染会のお店にお任せください!

投稿者プロフィール

ファッションケア FUJI 藤森 真一
ファッションケア FUJI 藤森 真一
1969年創業の2代目。
お客様の大切な洋服、1点1点丁寧に全力で取り組んでいます。
長野市内、集配いたします。
The following two tabs change content below.
ファッションケア FUJI 藤森 真一

ファッションケア FUJI 藤森 真一

1969年創業の2代目。 お客様の大切な洋服、1点1点丁寧に全力で取り組んでいます。 長野市内、集配いたします。
ファッションケア FUJI 藤森 真一

最新記事 by ファッションケア FUJI 藤森 真一 (全て見る)

2018-03-01 | Posted in 着物についたシミ, 泥じみ, ススのシミ, 不溶性のシミ, オイルのシミComments Closed 

関連記事