コートのえりの裏側にボタンが縫い付けてあり、表面が擦れてしまった部分の色の修復

今回は、黒いコートの襟が二か所点状に白っぽくなっている部分の色の修復です。

えりの裏側にボタンが縫い付けてあり、縫い糸の表側が白っぽくなっています。

コートのボタンの縫い糸は何重にも固く縫い付けてあるので、表から触っても固いのですぐにわかります。

えりのアイロンかけの時にこの部分を一緒にかけてしまったり、何かが当たって表面が擦れるだけでもこのような状態になってしまうと思われます。

綿のコートをお持ちの方でしたら、一度は経験されているのではないでしょうか(^-^;

白っぽくなっている部分に色をかけていきます。

するとどうでしょう~

黒色をかけて目立たなく修復しお客様に喜んでいただきました。

えりの目立つ場所でしたのでお直しすることが出来て良かったです。

色の修復を行いまた気持ちよく御着用いただけますので、今回の様な事例でお悩みの時は信越長染会のお店にご相談ください。

投稿者プロフィール

クリーニング タケウチ 竹内 義人
クリーニング タケウチ 竹内 義人
1965年より長野市上松にて営業、現在三代目。
洗いあがりの良さと、着ごこちの良さを追求して、をテーマに頑張っています。
長野市北部を中心に集配いたします。
The following two tabs change content below.
クリーニング タケウチ 竹内 義人

クリーニング タケウチ 竹内 義人

1965年より長野市上松にて営業、現在三代目。 洗いあがりの良さと、着ごこちの良さを追求して、をテーマに頑張っています。 長野市北部を中心に集配いたします。
クリーニング タケウチ 竹内 義人

最新記事 by クリーニング タケウチ 竹内 義人 (全て見る)

2018-03-23 | Posted in 色抜けの補色, 色修正, スレ直しComments Closed 

関連記事