100年前のニッカポッカにサビのシミ

こんにちは!

信越長染会事例集を見ていただいてありがとうございます。

 

今回の事例は

 「100年前のニッカポッカについた古いサビのシミ」

です。

 

 

 

 

このニッカーズは1920年のものだそうで、繊維が弱っていないかとても心配でした。

入念に繊維の状態を確かめてからシミ抜き作業に入りました。

 

サビの部分はカチカチに硬くなっています。。。

 

サビは衣類に付着した金属片がサビの原因となっているので

サビ取り用の薬品を使い時間をかけて何度も繰り返し

薄くなったところで金属片を流してあげないとまたサビが出てきてしまいます。

 

 

とにかく慎重に、慎重、繰り返し・・・。

 

 

で数時間かけてやっとここまで落としました。

 

 

もうひと息落としたいところでしたが

ちょっと生地が良くない状態なのでここでストップ!

 

シミ抜きには見極めが大事!

 

 

ここまで落とすことが出来ました。

どんなに古い生地も

どんなに古いシミも

まずは信越長染会にお気軽にご相談下さい。

投稿者プロフィール

クリーニングショップ ラヴァージュ 梶原 謙一
はじめまして、クリーニングショップ ラヴァージュ店長の梶原です。

お客さまの心に残るクリーニングを提供したいと思っております。

よろしくお願い致します。
The following two tabs change content below.

クリーニングショップ ラヴァージュ 梶原 謙一

はじめまして、クリーニングショップ ラヴァージュ店長の梶原です。 お客さまの心に残るクリーニングを提供したいと思っております。 よろしくお願い致します。

最新記事 by クリーニングショップ ラヴァージュ 梶原 謙一 (全て見る)

2018-04-27 | Posted in 洋服についたシミ, サビのシミComments Closed 

関連記事