toggle
2018-05-01

蛍光ペンのシミ抜き

今回の事例は、シーツに付いてしまった蛍光ペンのシミ抜き事例です。

可愛いお孫さんが遊んでいる姿。なんとも微笑ましいですよね。

ちょっとイタズラをしてしまうときもありますが、やっぱり可愛く見えてしまうと思います。

そんなある日、ふと見たらシーツがこんな状態になっていたらどうしますか?

いっぱい落書きをしたのですね。

手元にあれば、ついつい遊んでしまいたくなる。ここに書いたらいけないのだよと注意をして、次回からはやらないと約束をして。

さて、それにしてもどうしましょう。もちろん、洗っても取れません。クリーニング店で洗っても、やはりそれだけでは取れません。

しっかりと復元加工を施す必要があります。

アフターです。しっかりと取り除けて綺麗になりました。

こんな時でも慌てずに信越長染会のメンバーにご相談くださいね。

それと、お孫さんの近くに蛍光ペンを置いておく時は、落書きができる帳面を一緒にあげてくださいね。

 

投稿者プロフィール

(有)クリーニング黒岩 近藤 義之
(有)クリーニング黒岩 近藤 義之
長野県須坂市のクリーニング店5代目として、日々様々な衣類のシミと向き合っております。
ちがいのわかるクリーニングを目指し、どの様な衣類のシミも、すべて同様に全力を尽くさせて頂きます。
洋服、和服、お気軽にご相談ください。
The following two tabs change content below.
(有)クリーニング黒岩 近藤 義之

(有)クリーニング黒岩 近藤 義之

長野県須坂市のクリーニング店5代目として、日々様々な衣類のシミと向き合っております。 ちがいのわかるクリーニングを目指し、どの様な衣類のシミも、すべて同様に全力を尽くさせて頂きます。 洋服、和服、お気軽にご相談ください。
(有)クリーニング黒岩 近藤 義之

最新記事 by (有)クリーニング黒岩 近藤 義之 (全て見る)

関連記事