ジャケットの日焼け修正

今回はジャケットの日焼け修正です。

ここ数年、日焼けの修正が増えています。

クローゼットがいっぱいだったり、保管場所がなく
お部屋に保管されている人が多いと思いますが
保管の際には、できるだけ日に当たらない場所へ
保管することをオススメします(^_^;)

このように、部分的に日焼けしてしまったものは
腕のヤケた部分のみ他の部分と一緒の色になるよう
色を調合し、部分的色修正で対応します。

今回は、コーデロイ素材のため、色を入れる作業では
慎重にやらないと、修正した部分のみ色が浮いたように
見えてしまいます。

このようなケースでもお近くの信越長染会のお店にご相談ください。

投稿者プロフィール

㈱ファッションケアー明和 小池 正樹
衣類のシミやトラブルを解決しながら、可能な限り元の状態に復元することを信条とし、自身のクリーニングの知識や体験を踏まえ、お客様のみならず同業他社からも依頼がある。
全国で80人ほどしかいない京技術修染会の修復師の資格を持ち、また全国で10人ほどしかいない京技術修染会の認定講師試験に合格し長野県では初の資格取得者。
The following two tabs change content below.

㈱ファッションケアー明和 小池 正樹

衣類のシミやトラブルを解決しながら、可能な限り元の状態に復元することを信条とし、自身のクリーニングの知識や体験を踏まえ、お客様のみならず同業他社からも依頼がある。 全国で80人ほどしかいない京技術修染会の修復師の資格を持ち、また全国で10人ほどしかいない京技術修染会の認定講師試験に合格し長野県では初の資格取得者。

最新記事 by ㈱ファッションケアー明和 小池 正樹 (全て見る)

2018-05-22 | Posted in 洋服についたシミComments Closed 

関連記事