制服についたペンキのシミ

今回の事例をご覧いただきありがとうございます。

今回の事例は

 

制服についたペンキのシミの事例です。

 

制服に壁用のペンキが付いてしまったとのこと

でも、いじらず触らずすぐに持ってきてもらったことで

思った以上に早く落とすことが出来ました。

 

 

もしいじっていたら、繊維の奥まで塗料が入り込み

ペンキも変質して余計落としづらくなっていたでしょうね。

当然料金も高くなってしまいます (; ^ω^)

 

だからシミが付いたときは「いじらず、触らず、早いうちに」

信越長染会会員にご相談ください。

投稿者プロフィール

クリーニングショップ ラヴァージュ 梶原 謙一
はじめまして、クリーニングショップ ラヴァージュ店長の梶原です。

お客さまの心に残るクリーニングを提供したいと思っております。

よろしくお願い致します。
The following two tabs change content below.

クリーニングショップ ラヴァージュ 梶原 謙一

はじめまして、クリーニングショップ ラヴァージュ店長の梶原です。 お客さまの心に残るクリーニングを提供したいと思っております。 よろしくお願い致します。

最新記事 by クリーニングショップ ラヴァージュ 梶原 謙一 (全て見る)

2018-08-23 | Posted in 洋服についたシミ, ペンキのシミComments Closed 

関連記事