1シーズン越しのジャンパーの汚れ

おはようございます。10月に入り、長野県は朝晩がだいぶ寒くなってまいりました。
冬物のご準備はお済みですか??

 

近年は、気候の変動などもあり、変に暑かったり、突然寒くなったりなど、なかなか暦通りに衣替えを行なうということが難しくなってきました。

以前はしまう前に洗うということが、当たり前だったのが、今は着る前に洗うという人も増えています。

 

今回の事例もそろそろジャンバーを着ることを意識したときに、見てみたら春に洗わずにそのままだったという事例です。

  

 

こんな感じで汚れていても、きれいにすることは可能ですが、汚れたままおいておくことで服は確実にダメージを受けます。

色の変色や、退色、繊維の劣化、虫食いなど、保管中の衣類に起こるトラブルの多くは、汚れたまま1シーズン越えたことで起こってしまうことも多いです。

 

 

 

 

冬服確認してみて、もし気になる汚れがあれば、信越長染会のお店にお気軽にご相談くださいませ!

 

 

投稿者プロフィール

中村 祐一
㈲芳洗舎 3代目  洗濯王子の愛称で呼ばれ、知っているようで 知らない洗濯の知識を、一般の方に 分かりやすく伝える、家庭洗濯アドバイスの達人。 ※現在、しみ抜きのお預かりは休止しております。  大変申し訳ございません。
The following two tabs change content below.

中村 祐一

㈲芳洗舎 3代目  洗濯王子の愛称で呼ばれ、知っているようで 知らない洗濯の知識を、一般の方に 分かりやすく伝える、家庭洗濯アドバイスの達人。 ※現在、しみ抜きのお預かりは休止しております。  大変申し訳ございません。
2018-10-11 | Posted in 洋服についたシミComments Closed 

関連記事