シルクのワンピース 脇の黄ばみ

10月も半ばを過ぎ、朝晩を中心に肌寒さを感じる陽気になりました。

夏物のお手入れはお済になりましたでしょうか。

今回はシルク素材のワンピースの脇が汗の付着によって黄ばみになってしまった事例です。

付いたばかりの汗はわかりにくいですが、お手入れせずそのまま放置しておくと、今回のように黄ばみのシミになってしまう場合があります。

そして最悪、生地や染色を傷めてしまう可能性もあります。

このような黄ばみになってしまうと、そう簡単なしみ抜きでは落ちてくれません。

生地もシルクで柄もあるのでいろいろと注意しなければいけませんが、長染会のイエローホワイトニングで適切に処理していきます。

薄っすらとあった黄ばみがキレイになりました。

今年の夏は異常に暑かったので汗もたくさん付着したでしょう。

大切な洋服をまた来年も着られるよう、しっかりとしたお手入れをお勧めします。

そんなお手入れやしみ抜きは、信越長染会のお店にお気軽に相談してくださいね。

投稿者プロフィール

ファッションケア FUJI 藤森 真一
ファッションケア FUJI 藤森 真一
1969年創業の2代目。
お客様の大切な洋服、1点1点丁寧に全力で取り組んでいます。
長野市内、集配いたします。
The following two tabs change content below.
ファッションケア FUJI 藤森 真一

ファッションケア FUJI 藤森 真一

1969年創業の2代目。 お客様の大切な洋服、1点1点丁寧に全力で取り組んでいます。 長野市内、集配いたします。
ファッションケア FUJI 藤森 真一

最新記事 by ファッションケア FUJI 藤森 真一 (全て見る)

2018-10-20 | Posted in 洋服についたシミ, 脇の黄変, 黄ばみ取りComments Closed 

関連記事