コートの裾に煤汚れ

こんにちは、今年もあと一週間、年末で皆様忙しく

過ごされていると思いますが、風邪や怪我に気をつけ

無事に新年を迎えられますよう お祈り申し上げます。

 

今日の事例はウールコートの裾に煤汚れが付いているとの

ご相談、裏地は焦げて穴が開いてしまっているので

焚火にでも近づいてしまったのでしょうか?

安易に取り掛かると奥深くに潜り込ませてしまいますので

丁寧に進めてまいります。

裏地の状態から、表地の傷みを心配しましたが、

幸いにも無事なようです。

(裏地の画像がなく、申し訳ありません)

裏地が気になるようでしたら、付け替えを

されるほかないような状況です(^^;)

表は完全に復元されておりますので、

見えない裏地が気にならないようであれば

これで完了といたします。

お客様に合わせて相談の上、作業を進めて

まいります。

お困りの際はお気軽にご相談ください。

投稿者プロフィール

㈱ウメザワドライ 梅澤将志
㈱ウメザワドライ 梅澤将志
新潟市全域で展開しております。
お客様の喜ぶ笑顔を思い浮かべ、
大切なお召し物がいつまでも皆さまを輝かせるように、
心を込めた仕事をお届けします。
The following two tabs change content below.
㈱ウメザワドライ 梅澤将志

㈱ウメザワドライ 梅澤将志

新潟市全域で展開しております。 お客様の喜ぶ笑顔を思い浮かべ、 大切なお召し物がいつまでも皆さまを輝かせるように、 心を込めた仕事をお届けします。
㈱ウメザワドライ 梅澤将志

最新記事 by ㈱ウメザワドライ 梅澤将志 (全て見る)

2018-12-25 | Posted in 洋服についたシミ, ススのシミ, 不溶性のシミComments Closed 

関連記事