セーターの黄ばみ

暮れも押し詰まり、日々寒さも増してきました。

こんな時期はニット製品の出番が多いですね。

今回は、何年か洗わずしまっておいたら黄ばんでしまった事例です。

全体的に黄ばんでいたのですが、両袖が特に目立っていました。

汚れたまましまって時間経過すると酸化し黄ばみの原因になってしまいます。

この場合ドライクリーニングではもちろん、通常のウエットクリーニングでもなかなかキレイになってくれません。

なので、長染会の「イエローホワイトニング」を用いて黄ばみを元の生地の色へと修復していきます。

だいぶ黄ばみも取れてキレイになったと思います。

やはり着用したら、しっかりお手入れしてからしまうことをお勧めします。

このように衣類が黄ばんでしまったら信越長染会のお店にお気軽に相談してくださいね。

投稿者プロフィール

ファッションケア FUJI 藤森 真一
ファッションケア FUJI 藤森 真一
1969年創業の2代目。
お客様の大切な洋服、1点1点丁寧に全力で取り組んでいます。
長野市内、集配いたします。
The following two tabs change content below.
ファッションケア FUJI 藤森 真一

ファッションケア FUJI 藤森 真一

1969年創業の2代目。 お客様の大切な洋服、1点1点丁寧に全力で取り組んでいます。 長野市内、集配いたします。
ファッションケア FUJI 藤森 真一

最新記事 by ファッションケア FUJI 藤森 真一 (全て見る)

2018-12-29 | Posted in 洋服についたシミ, 全体漂白, 黄ばみ取り, 時間の立った古いシミComments Closed 

関連記事