ジャンバーの襟の黄ばみ

おはようございます。12月31日です。

大晦日ですね、自分だけなのか1年たつのが年々、非常に早く感じてしまいます。

歳のせいなのかな?(笑)

さて、今年最後の事例紹介いたします。

昨年、数回着用してずっと洗わずに保管していたジャンバー、襟の部分が酷く黄変してしまっていました。原因は皮脂汚れが時間が経つにつれ酸化してしまい、変色、黄変したものと思います。

「仕舞い洗い」してないと大切な衣類もこのような感じに変色してしまいます。

襟や袖などは直接 肌に触れやすいので、それだけ汚れやすい部分ですね。特にこのようなニットで色も白ですと目立ちますね。

今回もしつこい黄変を時間をかけてじっくり染み抜きいたしました。

随分染み抜きが進んで…。「実は半分やって写真撮るつもりが…^^;」

やっと元の白さを取り戻しました。

これで、また、お気に入り復活です。

仕舞い洗いは忘れずにお願いします。

本年は格別なお引き立て誠にありがとうございました。心より御礼申し上げます。また新しい年が皆様にとりまして、素晴らしい1年になりますようお祈りいたします。

それでは、皆様、良いお年を。

 

投稿者プロフィール

後藤 拓己
後藤 拓己
お客様に本当に喜んで頂くためのクリーニングを目指しております。クリーニングでお困りでしたらなんなりとご相談下さい。
The following two tabs change content below.
後藤 拓己

後藤 拓己

お客様に本当に喜んで頂くためのクリーニングを目指しております。クリーニングでお困りでしたらなんなりとご相談下さい。
後藤 拓己

最新記事 by 後藤 拓己 (全て見る)

関連記事