toggle
2019-01-22

ジャケットについたペンキのシミ

今回は、麻のジャケットにペンキがついてしまった事例です。

青いペンキがついてますが、どうしても誤って服につけてしまうこともありますよね。

ペンキは取ろうとして擦ったりしても繊維の奥に入り込んだりして、非常に落ちにくいシミとなってしまう場合があります。

生地が麻なので、染色を傷めないよう適切な薬品で注意しながら落としていきます。

ついてから何もせずそのままご依頼頂いたので、割とスムーズに落とすことが出来ました。

どんなシミでもそうですが、初めから任せて頂いた方が良い結果に繋がります。

ペンキがついてしまったら、信越長染会のお店にお気軽に相談してくださいね。

 

 

 

投稿者プロフィール

ファッションケア FUJI 藤森 真一
ファッションケア FUJI 藤森 真一
1969年創業の2代目。
お客様の大切な洋服、1点1点丁寧に全力で取り組んでいます。
長野市内、集配いたします。
The following two tabs change content below.
ファッションケア FUJI 藤森 真一

ファッションケア FUJI 藤森 真一

1969年創業の2代目。 お客様の大切な洋服、1点1点丁寧に全力で取り組んでいます。 長野市内、集配いたします。
ファッションケア FUJI 藤森 真一

最新記事 by ファッションケア FUJI 藤森 真一 (全て見る)

関連記事