何が付いたかわからないけど、ジャケットの背中に付いていたシミ

今回のシミ抜き事例は「何が付いたかわからないけど、いつの間にか付いていたシミ」です。

多いですよね、いつの間にか付いていた原因不明のシミ。ご相談いただく時も、まずは何が付いたのかをお聞きします。そして、付いた時が分かっていればいいのですが、今回シミが付いていた場所はジャケットの背中の部分。何時付いたのか、何が付いたのかわかりません。

付いているシミを見て、どんなシミがついたのか私たちは想像をします。そして、有効と思われる処理を施して行きます。

使われている繊維、シミの色、硬さ、今までの経験を思い出しながら1つひとつ。

試しては変わらず、試しては変わらず。そんなことも多いです。ですが、これがダメなら次はこれを。次はこれとこれを。一番は繊維を痛めずに。今回のシミも非常に時間がかかりました。

アフターです。シミを取り除き、色を整えて完了です。

この服をまた着ていただき、しまう前にはクリーニングにお持ちいただけると嬉しいですね。

何がついたかわからないシミ。無理にいじらず、まずはお近くの信越長染会のメンバーにご相談くださいね。

 

投稿者プロフィール

(有)クリーニング黒岩 近藤 義之
長野県須坂市のクリーニング店5代目として、日々様々な衣類のシミと向き合っております。
ちがいのわかるクリーニングを目指し、どの様な衣類のシミも、すべて同様に全力を尽くさせて頂きます。
洋服、和服、お気軽にご相談ください。
The following two tabs change content below.

(有)クリーニング黒岩 近藤 義之

長野県須坂市のクリーニング店5代目として、日々様々な衣類のシミと向き合っております。 ちがいのわかるクリーニングを目指し、どの様な衣類のシミも、すべて同様に全力を尽くさせて頂きます。 洋服、和服、お気軽にご相談ください。

最新記事 by (有)クリーニング黒岩 近藤 義之 (全て見る)

2019-02-04 | Posted in 洋服についたシミ, 時間の立った古いシミ, 不明なシミComments Closed 

関連記事