ポロシャツの脱色

今回は綿のポロシャツの色が抜けてしまった事例です。

シミ抜きでご依頼頂きましたが、よく検品してみると脱色でした。

お客様も気づいたらこのようになってたとのことで、漂白剤でも誤ってついてしまったのでしょうか。

わかりやすい場所でもあり、お気に入りなので直してほしいとのことでお受けいたしました。

この場合、色の抜けてしまった部分に色掛けをする必要があります。

適切な染料で色を調合しのせていきます。

ほとんどわからないくらいに修復出来ました。

色抜けやシミのために着れなくなったお気に入りの洋服ありますか?

もしありましたら、信越長染会のお店にお気軽に相談してくださいね。

投稿者プロフィール

ファッションケア FUJI 藤森 真一
ファッションケア FUJI 藤森 真一
1969年創業の2代目。
お客様の大切な洋服、1点1点丁寧に全力で取り組んでいます。
長野市内、集配いたします。
The following two tabs change content below.
ファッションケア FUJI 藤森 真一

ファッションケア FUJI 藤森 真一

1969年創業の2代目。 お客様の大切な洋服、1点1点丁寧に全力で取り組んでいます。 長野市内、集配いたします。
ファッションケア FUJI 藤森 真一

最新記事 by ファッションケア FUJI 藤森 真一 (全て見る)

2019-02-13 | Posted in 色抜けの補色, 色修正, 脱色修正Comments Closed 

関連記事