インクのシミ抜き

花粉の季節になり今年は鼻水、くしゃみが酷くなっている今日この頃です。

本日は、ポケットにボールペンが入ったまま洗濯していまい、インクが暴発してシミになってしまった事例です。

ついうっかりやってしまうのですが、微妙にシミになったり、ところどころインクまみれになってしまうことがありますね。
今回はポケットの中側と表側にインク漏れになったシミになっていました。
インクは落ちたかな?と思っても、完全に取りきるまで残ってしまうこともあります。
それと段々と拡がってしまい手の施しようがなくなってしまうばあいも。
ご自身ではなさらない方が賢明だと思います。

ご覧のようにキレイに取り除くことができました。

いろんな媒体での知識で取り返しがつかなくなる前に、一度ご相談されることをお勧めします。
ご自分の大切なお召し物なら、プロの集団「信越長染会」にご相談ください。

投稿者プロフィール

宮川クリーニング 宮川 真一
宮川クリーニング 宮川 真一
長野市三輪にある小さなクリーニング屋さんの店主です。
『洗濯のプロ!』『しみ抜きのプロ!』であるがために専門の知識を習得し日々精進しております。すべてはお客様に喜んでいただくために。
The following two tabs change content below.
宮川クリーニング 宮川 真一

宮川クリーニング 宮川 真一

長野市三輪にある小さなクリーニング屋さんの店主です。 『洗濯のプロ!』『しみ抜きのプロ!』であるがために専門の知識を習得し日々精進しております。すべてはお客様に喜んでいただくために。
宮川クリーニング 宮川 真一

最新記事 by 宮川クリーニング 宮川 真一 (全て見る)

2019-03-13 | Posted in ボールペンインクのシミ抜き, インクのシミ抜きComments Closed 

関連記事