toggle
2019-04-04

スーツのジャケットにインクのシミ

花粉の季節になり今年は鼻水、くしゃみが酷くなっている今日この頃です。

本日は、スーツのジャケットにインクが暴発してシミになってしまった事例です。

見た目はそれほど大きくないシミに見えますが、インクの場合薬品でシミを溶かしていくと、どんどんどんどんインクが広がっていきます。

こんな感じでインクがブワーッと流れ出します。

細い線ぐらいのボールペンのシミなら、ご家庭でも対応できることもありますが、

このぐらいドバっとついてしまった場合は、何もせずに専門家に見てもらったほうが良いと思います。

 

専用のシミ抜きの薬品と機械を使って、シミをきれいに除去していきます。

 

 

ご覧のようにキレイに取り除くことができました。
ご自分の大切なお召し物なら、プロの集団「信越長染会」にご相談ください。

投稿者プロフィール

中村 祐一
中村 祐一
長野県伊那市のクリーニング会社「芳洗舎」3代目。
「洗濯王子」の愛称で、テレビ・雑誌など各種メディアに出演多数。

「洗濯からセカイを変える」を合言葉に、洗濯から考える暮らし方の提案を行い、一般家庭をはじめ、住宅関連メーカー、家電メーカー、アパレルメーカーなどへもアドバイス。

衣服と関わる様々な分野の改革に取り組む、日本を代表する洗濯家。


※現在、しみ抜きのお預かりは休止しております。  大変申し訳ございません。
The following two tabs change content below.
中村 祐一

中村 祐一

長野県伊那市のクリーニング会社「芳洗舎」3代目。 「洗濯王子」の愛称で、テレビ・雑誌など各種メディアに出演多数。 「洗濯からセカイを変える」を合言葉に、洗濯から考える暮らし方の提案を行い、一般家庭をはじめ、住宅関連メーカー、家電メーカー、アパレルメーカーなどへもアドバイス。 衣服と関わる様々な分野の改革に取り組む、日本を代表する洗濯家。 ※現在、しみ抜きのお預かりは休止しております。  大変申し訳ございません。
関連記事