お気に入りの綿ジャケットにシミとスレが!!

今回の事例は、お気に入りの綿ジャケットにシミがついてしまい、擦ってしまったというご相談です。

何かシミがついてしまった時、皆さんならどうしますか?

ほとんどの人が擦ってしまうのではないでしょうか?

素材によっては耐えてくれる事もありますが、やはり生地には良くありません。特に綿やシルクなど、摩擦に弱いものは強くこするとその部分が白っぽくなってしまいます。

今回お預かりさせていただいた品物です。白くなっている部分がスレているところ。真ん中にシミが残っていますね。

何かついてしまったり、時間が経ってシミが出て着た時などは慌てて擦ってしまいがちですが、それはやらずにそのままお持ちください。スレが起きてしまった時は、その部分を染色する必要も出てしまいます。

アフターです。

シミを取り除き、白くなってしまった部分は部分染色を施しました。これでしたらシミも気にせず着ていただけるのではないでしょうか?

擦ってしまい、スレが起きてしまったというご相談は非常に多いです。

お気に入りの一着なら尚更のこと、無理にいじらずそのまま信越長染会のメンバーのお店にご相談くださいね。

 

投稿者プロフィール

(有)クリーニング黒岩 近藤 義之
長野県須坂市のクリーニング店5代目として、日々様々な衣類のシミと向き合っております。
ちがいのわかるクリーニングを目指し、どの様な衣類のシミも、すべて同様に全力を尽くさせて頂きます。
洋服、和服、お気軽にご相談ください。
The following two tabs change content below.

(有)クリーニング黒岩 近藤 義之

長野県須坂市のクリーニング店5代目として、日々様々な衣類のシミと向き合っております。 ちがいのわかるクリーニングを目指し、どの様な衣類のシミも、すべて同様に全力を尽くさせて頂きます。 洋服、和服、お気軽にご相談ください。
2019-04-10 | Posted in 洋服についたシミ, 色抜けの補色, スレ直し, スレによる白化Comments Closed 

関連記事