洗濯中にインク爆発

おはようございます。

今日の事例は、作業着についたインクのしみ抜きです。

 

洗濯の際に、ペンが入っているのに気づかずに洗ってしまい、洗った後に赤いインクが・・・・

 

ポケットにペンが入ったまま洗濯してしまうというのは、よくありがちなトラブルではないでしょうか。

洗濯した奥様が、すぐに除光液を使ってしみ抜きをしてみたそうですが、少し薄くはなったものの完全には取れなかったようです。

インクが高濃度で付いた場合、やはり専用の薬品と機械などが無いと難しい場合が多いです。

 

インク爆発により、一時、夫婦間が険悪になってしまったようですが、しみ抜きによって作業着と夫婦仲を修復させていただきました(笑)

 

 

着る人は、脱いだらポケットから物を出す。

洗う人も、洗う前にポケットを確認する。

もし、それでもインク爆発がおこったら、信越長染会に相談する。

ぜひ、覚えておいていただければと思います(^^)

 

 

 

 

投稿者プロフィール

中村 祐一
㈲芳洗舎 3代目  洗濯王子の愛称で呼ばれ、知っているようで 知らない洗濯の知識を、一般の方に 分かりやすく伝える、家庭洗濯アドバイスの達人。 ※現在、しみ抜きのお預かりは休止しております。  大変申し訳ございません。
The following two tabs change content below.

中村 祐一

㈲芳洗舎 3代目  洗濯王子の愛称で呼ばれ、知っているようで 知らない洗濯の知識を、一般の方に 分かりやすく伝える、家庭洗濯アドバイスの達人。 ※現在、しみ抜きのお預かりは休止しております。  大変申し訳ございません。

最新記事 by 中村 祐一 (全て見る)

2019-04-25 | Posted in ワイン・インク等のシミComments Closed 

関連記事