帯のシミ抜き

おはようございます、本日も信越長染会のホームページをご覧いただき誠に有難うございます。

本日は、ここ数日初夏を思わせる陽気の新潟県からお送りいたします。

本日の事例紹介は着物の帯のシミ抜きとさせていただきます。

さて、着物の帯といっても色々な帯があるのですが、ほとんどの場合ケアラベル、「組成表示」がありません。

このようなケアラベルの無い品物は生地の材質がわからないので、失敗しないように慎重な作業をしなければなりません。

今回は「袋帯」のシミ抜きです。

この帯の真ん中付近に濃いシミが…

拡大すると↓

小さいながら濃くて目立つシミがあります。先ずはシミ抜きをする前に安全な方法で有効な薬品を選び慎重に作業しました。

濃いシミを慎重に作業して徐々に薄くしていきます。

さらにシミ抜きをしてアップにすると!

もう、ほとんどわからなくなりました。

諦めてしまっていたこのような時間の経ったシミでも大丈夫なのでどうぞお気軽にお近くの「信越長染会」加盟店までお問い合わせください。

お客様の信頼には、しっかりとした技術でおこたえいたします。

投稿者プロフィール

後藤 拓己
後藤 拓己
お客様に本当に喜んで頂くためのクリーニングを目指しております。クリーニングでお困りでしたらなんなりとご相談下さい。
The following two tabs change content below.
後藤 拓己

後藤 拓己

お客様に本当に喜んで頂くためのクリーニングを目指しております。クリーニングでお困りでしたらなんなりとご相談下さい。
後藤 拓己

最新記事 by 後藤 拓己 (全て見る)

関連記事