タンクトップ 脇の黄変のシミ抜き

夏には大活躍するタンクトップですが、直接肌に触れるので汗等の汚れも直接ついてしまいます。

このタンクトップは麻とレーヨンの混紡なので水洗い☓でドライクリーニング指定です。

ドライクリーニングは油汚れには効力を発揮しますが、水に溶けるような汚れには弱いのです。
このタンクトップの場合には、皮脂の脂分はドライクリーニングで除去できていたと思われますが、汗に含まれるたんぱく質等の脂分以外の汚れが残ってしまい、その汚れが時間の経過とともに黄色く変色してしまったものです。
こうなってしまうと、通常のクリーニングでは黄色い変色は綺麗にできずシミ抜きの技術が必要になります。

<シミ抜き 前>

<シミ抜き 後>

これでまた気持ちよく身に着けていただけます。

お困りのことがありましたら、お気軽に信越長染会のお店へご相談ください。

投稿者プロフィール

(資)幸村クリーニング店 幸村 康弘
(資)幸村クリーニング店 幸村 康弘
長野県の山の中にある当店ですが、北は北海道から南は沖縄県、もちろん東京や大阪からもシミ抜きの依頼を受けています。汗で脱色したルイジボレリのネクタイ、赤ワインをこぼしてしまったD&Gの麻のジャケット、カビてしまったかけがえのない横断幕等々。帽子やキャップのエキスパートリメイクの対応は、累計で100点を超えてお客さまに喜んでいただいています。
京技術修染会認定「修復師」として知識と経験と思いやりで、お客さまの「困った」「何とかしてほしい」という気持ちに全力でにお応えします。
The following two tabs change content below.
(資)幸村クリーニング店 幸村 康弘
長野県の山の中にある当店ですが、北は北海道から南は沖縄県、もちろん東京や大阪からもシミ抜きの依頼を受けています。汗で脱色したルイジボレリのネクタイ、赤ワインをこぼしてしまったD&Gの麻のジャケット、カビてしまったかけがえのない横断幕等々。帽子やキャップのエキスパートリメイクの対応は、累計で100点を超えてお客さまに喜んでいただいています。 京技術修染会認定「修復師」として知識と経験と思いやりで、お客さまの「困った」「何とかしてほしい」という気持ちに全力でにお応えします。
2019-06-15 | Posted in 黄ばみ・変色のシミ, 洋服についたシミ, 脇の黄変, 黄ばみ取りComments Closed 

関連記事